ニキビくん.com – 思春期~大人のニキビの悩みをスッキリ解決!

背中ニキビには固形石鹸で洗うのがいいってホント?その理由は?

LINEで送る
Pocket

この記事は約 6 分で読めます。

SponsordLink

522409
背中ニキビ対策は自分でするのは大変ですよね。

そんな背中のニキビケアは固形石鹸で洗うのがいいのには理由があります。

それは、しっかり泡立てることで泡がクッションになって背中が直接見えなくても、優しく洗うことができるからです♪

 

背中ニキビは石鹸の泡が一番?ゴシゴシ洗いたくなるのを避ける手段だからです!

背中のニキビって自分で直接見ることが難しいですよね。

鏡で確認しようと思っても、合わせ鏡が必要なくらいにかなり見づらいので、背中のニキビケアは通常のお顔に出るニキビよりも対策手段を打つのがおっくうになりがちです。

しかし、自分では直視できなくても他人様からはとても目立つ場所、それが背中たる宿命でもありますよね・・・(>△<;)痛

そんな時の背中ニキビ対策は、まず固形石鹸の泡をしっかり立てて、その弾力ある泡で洗って汗を流してケアをするといいですよ♪

丁寧に作ったモコモコした泡で洗うことで、背中をあかすりなど使ってゴシゴシ洗いたくなるのを避けることができるからです。

お顔より皮膚が強いとはいえ、皮膚の厚さはわずかにラップ2枚分の世界と言われています。

背中を含めた全身、いくらしっかりと清潔に洗いたいからと言っても、ラップ2枚分の薄い皮膚の表面組織をゴシゴシ洗ってしまっては・・・想像すると明らかにダメージを受けそうなのがわかりますよね^^;;;

だからこそ、丁寧な泡を作りやすい固形の石鹸が背中ニキビのケアにいいのですよ♪♪

また、自分の背中を自分で大切に扱う意識もそこから生まれますので、背中ニキビを治して女子力をアップするには最適な手段なのです。

 

背中にも毛穴はある上に汗も出るからこそ・・・ある危険性が潜んでいる!?

体を洗うものには、固形石鹸以外に、液体石鹸、それに石鹸以外の洗浄成分が含まれたボディソープなどがありますよね。

背中は特に汗がたくさん出る場所でもありますから、お顔よりもしっかり洗う必要があります。

しかし、固形石鹸以外のお手軽な液体系洗浄成分を用いて洗うと、陥りやすい危険性があります。

それは、きちんと泡状になっていない洗浄成分がそのままお肌について、汗も泡もすすぎ残しになることで逆にお肌への刺激になるということです。

また、洗浄成分が背中に残ってしまうと、人によっては乾燥肌になってしまうこともあり、これが今度はかゆみの原因にも派生してしまう可能性もあるのです。

毛穴は乾燥すると開いてきてしまいます。

お顔よりはダイレクトに自分で見れなくても、女子としての率直な気持ちとして、背中の毛穴もきゅっと引き締めていたいですよね!!

もちろん、固形石鹸にも汚れを落とす洗浄成分である界面活性剤は含まれています。

 
固形石鹸の洗浄成分:脂肪酸ナトリウム
 

 

しかし、固形石鹸の原材は動物や植物由来の油脂であることが多く、それをアルカリと化学反応させて脂肪酸ナトリウムを生成していることからも、石油由来の洗浄成分よりお肌への刺激は少ないと言えます。

それでも固形石鹸が液体石鹸よりもいいというのは、洗浄力は固形石鹸の方があるからです。

洗浄力が程よくあるにもかかわらず、すすぎ残しを防げる丁寧な泡にできる大きなメリットが固形石鹸の特徴だったりします。

 

ニキビケアをする際、女子の嗜(たしな)みをプラスするとバスタイムが楽しくなる!

固形石鹸が背中ニキビをケアする際に、洗浄成分の話ばかり先にお伝えしてきましたが、それ以上に、女子の目線で考えた時に、

 

「固形石鹸って嬉しいな」

 

と自然に思える要素があります。

それは香りを楽しめることです。

もちろん液体系の洗浄成分にも香りが入っているものが多いのです。

しかし固形石鹸の方が、香りが強すぎず弱すぎずのちょうど良い香りを楽しむことができるのです。

人間の鼻は、最初にある香りを嗅ぐと、その香りをしっかり認識できるのですが、時間の経過とともにその香りに対しての認識が薄くなります。

香りに鼻がある程度慣れてしまうのです。

だから、香水をかけすぎているご婦人など、ごくたまにいらっしゃいますが彼女たちの場合は、毎日香水を使うことで鼻が慣れてしまい、ついつい香りを多く使ってしまうのです。

この話を踏まえて、背中ニキビ対策のための固形石鹸の話に、流れを戻しますね。

背中ニキビ対策のために、背中を洗おうというバスタイムは、ほとんどの方がお風呂場にいますよね。

お風呂という狭い空間の中で、液体系の洗浄成分を使うと、手に洗浄成分を乗せた瞬間から香りがします。

そうなりますと、泡立てる頃には鼻がだんだん慣れてきてしまって、背中を洗おうという頃にはもっと香りに鼻が慣れてしまい、香りがするのが当たり前の感覚になってしまう方が多いでしょう。

しかし、固形石鹸の場合は鼻を石鹸ギリギリにまで近づけると、香りはしますが、液体系洗浄成分ほどはしないはずです。

固形石鹸は、泡立て始めてから「香りが立ち上ってくる」というなんとも優雅なシチュエーションをお風呂場で楽しむことができるのです!!

実際、美容マニアの方は液体系洗浄成分よりも固形石鹸を好む方が多いのはこのためです。

背中に限らず、ニキビ対策のために洗浄成分を使ったりスキンケアをするというのは、楽しむというよりも「お肌をキレイにするためにやらなきゃいけないもの」という認識の方が強いですよね。

でもそれではバスタイムを楽しむことができない気がしませんか?

香りを楽しんで、さらに背中ニキビも改善できるように優しく洗い上げるという一連の行動が、リラックスできて美肌作りには最適な心理状態になるのですよ^^

そのような理由もあって、自分でなかなか直接は見づらい背中ニキビ対策こそ固形石鹸がオススメです♪♪

 

まとめ

  • 背中ニキビ対策は、泡を丁寧に作らないといけない固形石鹸で洗浄した方が、背中の皮膚を保護できる
  • 液体系の洗浄成分の場合、泡立てが不十分のまま背中にすすぎ残しがあると、乾燥肌を招いたりニキビ以外の肌トラブルの原因になってしまう
  • 固形石鹸の方が香りが立ち上るのを楽しめるのが、女性には嬉しいと思う
 

よしこ先生から一言

よしこ先生
私の知り合いのエステティシャンで看護師の資格も持っているマルチな方がいるのですが、彼女が固形石鹸の方が、絶対に香りが良いよと教えてくれたのです♪

一時期は、利便性から液体のボディソープを好んで使っていたのですが、そこから私も石鹸もまたしっかり使うようになって来て、毎日の泡立てる瞬間が楽しみだったりします♪♪

SponsordLink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント
    error: Content is protected !!