ニキビくん.com – 思春期~大人のニキビの悩みをスッキリ解決!

皮膚科に行こうか悩むニキビ跡!セルフケアはしない方がいい?

LINEで送る
Pocket

この記事は約 7 分で読めます。

SponsordLink

347004
皮膚科で治療レベルのニキビ跡でも、セルフケアで改善する場合があります。

実際に友人(歌手)が自力で治した経験があるからです。

ニキビ跡なのである程度用意するものはありますが、あなたのニキビ跡の悩み改善に役立つとうれしいです!!

 

皮膚科でのニキビ跡治療はどんなものがあるの?セルフケアとの違いとは?

皮膚科とは、皮膚の疾患を治癒させるための医療行為を提供してくれる医療機関ですので、専門的なニキビ跡治療を受けることができます。

保険が適用するものとそうではないものがありますので、まずニキビ治療の種類をご紹介していきますね♪

 

皮膚科で保険適用される治療

  • ビタミン剤(C・B2・B6)の処方
  • ディフェリンゲル(外用薬)の処方
  • アクアチムクリーム・ダラシンTゲル(外用薬)などの抗生物質の処方
  • クラリスロマイシン(内服薬)などの抗生物質の処方
 

皮膚科で保険適用されない治療

  • ケミカルピーリング
  • 炭酸ガスレーザー
  • イオン導入
  • プラセンタ注入 など
 

このように皮膚科ではニキビ跡を消すために様々な治療法を用意してくれています。

セルフケアよりも、皮膚に関する専門知識のある方々による手厚いサポートを受けることが可能ですので、ニキビ跡治療に不安がある方は、専門家に相談できて安心だと思うのです。

しかし、ここでひとつ疑問があります。

セルフケアでも皮膚科での治療と同等まではいかなくでも、それに近いケアが可能な項目はないのでしょうか?

保険適用・適用外の項目の中をチェックしてみると、次のことがわかります。
  • ビタミン剤
  • ケミカルピーリング
  • イオン導入
これら3つの要素は、医療用ではなく家庭用の製品も販売されていることから、セルフケアでも可能です。

皮膚科に通わない日も、なるべく自分でニキビケアできた方がニキビ跡の改善には効果的ですよね。

なぜなら、皮膚というのは28日から40日間のサイクルで日々ターンオーバーと呼ばれる、陳新代謝を繰り返す細胞だからです。

毎日変化がある細胞ならば、毎日ケアした方がいいというわけです。

 

ニキビ跡はどうしてできたの?その経過を辿るとセルフケアの道筋にも光が差す!

ニキビ跡は、昨日今日でできたものではないことは、あなたが一番よくわかっていると思います。

皮膚科でのニキビ跡治療は、すでにできてしまった跡に対する治療ですが、これから出るかもしれないニキビはなるべく防いだ方が、長い目で見た時にずっと美肌でいられると想像できますよね。

今すぐにでも治したいニキビ跡は、皮膚科で治療しながら、並行してご自身でできることをセルフケアとして行うことがニキビ肌の改善に有効です。

 

ニキビ跡ができてしまう原因とは?

ニキビがひどくなることによって、炎症が皮膚の真皮部分にまで進み、傷となってしまうことにより発生してしまいます。

ニキビの炎症がひどくなる原因はたくさんあるのですが、どの原因も根本は「体が正常なバランスを崩しているから」なのです。

日常生活の行動パターンを洗い出してみることで、ニキビの原因が浮き彫りになってきます。

特に、ニキビがひどくてなかなか治らない方は、日常生活の行動パターンを、食事からスキンケアまで細かく1週間分と言わず3日分で十分ですので、書き出してみるといいと思いますよ♪

ニキビ跡を改善させる方法は、通常はスキンケアや皮膚科での治療がオススメですと書いてあるサイト様が多いと思います。

それを、ニキビ跡を改善させるためには、

 

「まず、紙と鉛筆を用意してください」

 

と指南するのは、この「ニキビくん.com」くらいしかいないと思います。笑

でも、あなた自身の行動は自分で把握しているようで意外と認識しきれていないものなのですよ。

それは紙に書き出してみると、よくわかると思います。

書き出してみたら、普段どんなものを食べて何を考え、そしてどのようなスキンケア製品を使っているのかが目視できますよね。

その情報を元に、皮膚科で提供してくれる治療のうちで、セルフケアでも同等に近いカバーができる3つの要素を盛り込んでいきましょう♪♪

 

セルフケア三種の神器でニキビ跡を治した女性歌手の事例をご紹介します!

よしこ先生の知り合いで、とっても素敵な女性歌手Wさんがいます。

初めてお会いした時には、ピカピカのお肌で、ハイトーンの美しい歌声、そしてツヤツヤの黒髪・・・と、同性の私でも惚れこんでしまいそうな方だったのですが、驚くべき事実が隠されていました。

実は彼女は、数年前まではひどいニキビに悩まされていたそうです。

以前のお写真を彼女から直接見せてもらったのですが、フェイスラインにびっしりと赤ニキビが出ていて、とても人前で歌うには「厳しいな」と思ってしまうお肌の状態でした。

※本来であれば、そのお写真をこちらに掲載できればいいのですが、プロの歌手のため肖像権などの理由からそれはできないのです、ごめんなさい(>△<;)

そんなWさんは、人前に出ないレコーディングなどの活動が忙しい時期に、なんとかしてひどいニキビとニキビ跡を治したいという強い想いから、冒頭でお伝えしました、
  • ビタミン剤
  • ケミカルピーリング
  • イオン導入
この3つをセルフケアで取り入れることにしました。

ここで自宅でも毎日ケアできる、上記の項目の詳細を解説していきますね。

 

ビタミン剤

ビタミンはお肌に欠かせない栄養素です。

セルフケアでビタミン剤を意識する時には、サプリメントでの良質なビタミン摂取に加えて、食事面でもお野菜や果物を積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

また、便秘の症状がある方は、乳酸菌サプリなどを併用してもいいかもしれません。

サプリメントに抵抗のある方は、ぬか漬けや味噌など日本伝統の発酵食品を、食事の度に必ず食べるようにすることでも、一定の効果を得ることができます。

 

ケミカルピーリング

お肌に触れるものは、医薬品・医薬部外品・化粧品と法律上分類されていますが、ピーリングに近い効果を得ることができるものは、化粧品に分類されている製品でも可能です。

しかし、ニキビが出ている場所以外のお肌の調子が悪い時は、ピーリングをすると逆に刺激になってしまいますので、まずは栄養を体にしっかり入れて、便秘を解消して、お肌の全体の状態をよくしてから行うといいでしょう。

 

イオン導入

ビタミン剤とケミカルピーリングができるようになったら、美容機器を使ってイオン導入をします。

ニキビのセルフケアで、機械を使っても大丈夫?と思うかもしれませんが、「美顔器」は一般の方が手軽に自宅で使えるように、幅広く普及していますので、どれも安心して使うことができますよ。

イオン導入が有能なのは、ニキビケアだけではなく同時に毛穴の洗浄も行うことができることです。

イオンのチカラ(電気)で、普段のスキンケアでは届かない毛穴の奥、皮膚の深いところまで、ニキビケアの成分を送り込み、洗浄も出来る上に、お肌がワントーン明るくなるのでオススメです。

 

Wさんの場合、これら3つの方法を半年程しっかり行ったことで、ニキビがほとんど再発しないピカピカなお肌を手に入れることができました。

時々、ライブツアー先での様々なグルメを楽しむため、ちょっとだけニキビが出ることもあるそうですが、同じようにケアすれば、ニキビ跡にならずにすぐに治るようになったとのことでした♪

皮膚科でのニキビ跡治療と並行できるセルフケアとして、ぜひ試してみてください♪

 

まとめ

  • 皮膚科でニキビ跡治療をする際は、保険が適用するものとそうではないものがある
  • 皮膚は約1か月間で生まれ変わるターンオーバーを繰り返すことから、セルフケアも皮膚科での治療と並行した方が、より美肌を手に入れることができる
  • ビタミン剤・ピーリング・イオン導入は、セルフケアでも可能な、ニキビ跡治療に近い効果を得れる可能性が高い
 

よしこ先生から一言

よしこ先生
女性歌手Wさんと初めてお会いしたのは2015年1月でした♪

歌手というご職業は、なんだか遠い存在のように思っていましたが、美人さんなのに気さくな笑顔が印象的なWさんと接していると、すごく親近感を持ったのが記憶に新しいですね(*^^*)

セルフケアでも、皮膚科で行うニキビ跡治療の項目に入っているものに近いケアを行うことができるのは、彼女が教えてくれたので、今回はそんなお話をご紹介しました♪

SponsordLink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント
    error: Content is protected !!