ニキビくん.com – 思春期~大人のニキビの悩みをスッキリ解決!

【教えて!】ニキビを潰すのは危険?失敗したらどうなっちゃうの?

LINEで送る
Pocket

この記事は約 5 分で読めます。

SponsordLink

144730
ニキビを潰すのは、毛穴いじりと似て、深夜のちょっとした時間についやりたくなってしまいますよね。

でもニキビを潰しを失敗することで、ニキビ跡になる危険性が否めませんのでオススメできません。

ニキビ潰しは癖になるので要注意です!

 

ニキビを潰すのって大丈夫?失敗したらヤバい?

ニキビの炎症が進んで、赤かったニキビからさらに膿が出来てしまうと、本当に気になりますよね。

鏡を見た時に、ついついその気になる部分を潰してしまうことってありませんか?

しかし自分でニキビを潰すこと自体が、ニキビケアの中では失敗に終わることが多くて大変危険です^^;;;

女性に多いのかもしれませんが、毛抜きやコメドプッシャーが1個手元にあると、深夜に毛穴いじりをしたくなるのと同等レベルで、ニキビを潰すのをうっかりやってしまう方も少なくありません。

やりたい気持ちは・・・

 

「よぉぉぉくわかります!!」

 

・・・が、ニキビを潰すことによって炎症でデリケートになっている部分の治りが早くなる、というようなことはないのでご注意ください!

 

ニキビを潰すのではなく芯を抜くならまだマシ?

お化粧をする方で、ファンデーションを使いたい時に炎症部分が隆起しているニキビがあると、お化粧がうまくできないですよね。

ファンデーションが隆起部分でヨレてしまうからです。

特に炎症部分の隆起が黄ニキビの場合、そこが治りかけてくるとカサブタのような塊ができることがあります。

その状態のお肌を触ると、指先にニキビの一部分で明らかに引っかかることが多いので、判別できると思います。

ニキビを早く治したいと思って、カサブタ状の塊というか芯のようなものも、抜くことはできなくもありません^^;;;

深夜の毛穴いじりの誘惑並みに脅威の、ニキビ潰しの誘惑は、果たして行っても良いものなのでしょうか。

カサブタ状の塊と抜くことで、ニキビを潰すのは、治りが早くなる実感を得られた方は少ないです。

また、潰してしまった跡は炎症部分がジュクジュクすることがあるので、すぐにお肌に負担のかかるファンデーションを塗ることは、お肌への大きな刺激となって危険です。

ニキビを潰すことで「失敗」というのは、やはり、炎症がニキビ跡になってしまうという意味ですが、本来であれば炎症部分を触らずに治した方が跡になりにくいのです。

 

ニキビを潰していないのにニキビ跡になってしまうケースはどうすればいい?

この記事をご覧になっていただいている方の中には、まだニキビを潰したことがないのにも関わらず、すでにニキビ跡をお持ちの方も少なくないかもしれません。

実はニキビの炎症が跡になってしまう時、あなたの体の中ではあるバランスが崩れている可能性が高いのです。

 

ニキビが出やすい時の体内環境の原因は何?

本来、人間の体の中は弱アルカリ性に保たれて、表皮である皮膚は弱酸性に保たれています。

このことによって、体内の老廃物を体の中から体外に押し出す流れを作れているのです。

しかし、スナック菓子やインスタント食品の食べすぎなどの原因により、体内が酸化してしまうと、その酸化熱を放出するために、表皮にニキビとして炎症を起こすのです。

 

つまり、ニキビ跡がすでにできている方は、皮膚の外側からニキビを潰したくなる気持ちもヤマヤマなのですが、なんとかその意識を体の内側のメンテナンスに向けて、体に良いことをまず1個挑戦してみるといいかもしれません。

体が酸化している状態から、弱アルカリ性に戻すのに一番お手軽に試しにできるのは、にがりの入ったお塩を舐めることです。

炭酸飲料などの清涼飲料水にはたくさんのお砂糖が入っていて、お砂糖は酸性です。

しかし、にがりの入った天然のお塩は本来アルカリ性ですので、酸化している状態を元に戻す力(還元力)があります。

ニキビ改善に天然のお塩というのは、聞きなれないかもしれませんが、お手軽に試せる一番わかりやすい方法ですので、ニキビを潰したくなる前に試してみてください!!

 

まとめ

  • 夜中にふと鏡を見て、毛穴をいじりたくなるのと同様にニキビ潰しも、ついやりたくなる誘惑があるので危険^^;;;
  • 確かにお化粧をする際にニキビがあると気になりますが、ニキビを潰した後にすぐファンデを塗るのもお肌に刺激がありよくない
  • ニキビ潰しに失敗したら必ずニキビ跡になるのではなく、その前に体内が酸化していると傷が治りづらいので、ニキビ跡になりやすい
 

よしこ先生から一言

よしこ先生
ちょっと前にまさこ先生と話していて盛り上がったことがあるのです。

夜遅くになって、お風呂や晩ご飯も落ち着いた頃合いで、ちょっと鏡を手に取って時間を持て余した時に、ついつい自分のお顔をいじりたくなるのは、眉毛もそうですが毛穴もニキビも危険!です。笑

お肌はラップ2枚分の薄さの中に、繊細な器官が星の数ほど存在しているという、人間の神秘がありますので、どうか丁寧にケアしていただけるとお肌も喜ぶと思います!!

SponsordLink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント
    error: Content is protected !!