ニキビくん.com – 思春期~大人のニキビの悩みをスッキリ解決!

ニキビ予防にはパントテン酸が最後の砦になるって本当?

LINEで送る
Pocket

この記事は約 5 分で読めます。

SponsordLink

339588
「ニキビ予防にパントテン酸が効果あり」という噂は本当なのでしょうか?

答えは「YES」でもあり体質によっては「NO」でもあるのです。

そのワケは普段の食生活と腸の状態がパントテン酸がニキビ改善に効くかどうかの鍵を握っているからです。

 

ニキビ予防にパントテン酸が効果ある場合

ニキビに良いとされるスキンケアや有名なサプリを試しても、なかなか改善しなかった方が、ピーリングやホルモン治療など体に負担のかかる治療の手前で、最後の砦としてパントテン酸のサプリメントでニキビ改善の効果を試してみたいと思う方も少なくありません。

パントテン酸が欠乏するとお肌に炎症が起きやすいと言われているため、サプリメントでパントテン酸を効率的に吸収することができる場合には、ニキビ改善に一定の効果が期待できるとされています。

 

パントテン酸とは

ビタミンB群の中で、5番目のビタミンとして発見されたので別名「ビタミンB5」とも呼ばれています。

細胞が正常に働くのを助ける役割があるため、お肌の細胞の健やかな新陳代謝もサポートする役割があります。

特別な栄養素ではなく、「パントテン」とは「どこにでもある」という意味でつかわれていて、身近な食材にもたくさん含まれています。

 

パントテン酸が多く含まれている食材

  • 納豆
  • アボカド
  • モロヘイヤ
  • 鶏肉
 

パントテン酸は熱に弱いため、食べ物から自然に取り入れたい場合には、なるべく非加熱の状態で食べた方が体に吸収できます。

 

ニキビ予防にパントテン酸が効果なしの場合

しかし一方でニキビ予防にパントテン酸のサプリメントを摂取しても、効果なしという意見も見受けられます。

これはいったいどのようなことを意味しているのでしょうか?

考え方は諸説ありますが、体の仕組みからよく言われている根拠をまとめると以下の通りです。

 

パントテン酸が効果ないと言われる根拠

  • 便秘がニキビの原因になっている場合
  • 抗生物質の服用期間が長い場合
 

パントテン酸は体内でも合成できるため、通常はそれほど欠乏リスクはありません。

しかし、腸内環境が悪く便秘が起きている場合には、せっかく栄養素としてパントテン酸のサプリメントを摂取しても、腸で吸収できないために、パントテン酸の効果を体が感じづらくなっている場合があります。

また、抗生物質の服用期間が長いと、個人差はあるのですが腸内細菌叢のバランスが乱れていることがあり、この場合も便秘の時と同様に栄養素の吸収力が鈍っていることがあります。

そのため、パントテン酸サプリの効果を高めるためには、便秘の解消や腸内環境の正常化のために、乳酸菌をパントテン酸サプリと一緒に摂取するなどの一工夫を取り入れることで、効果を期待できる可能性があります。

 

ニキビ予防に上手にパントテン酸サプリを活用するコツってあるの?

ニキビ予防ができると将来出るニキビを減らせる可能性が高いため、長年ニキビに悩んでいる方ならなおさら試してみたいですよね。

先程ご紹介した、パントテン酸の効果がなかなか得られない腸内環境である可能性がある場合は、乳酸菌に頼るだけではなく普段の食生活から見直してみましょう。

パントテン酸が食材を加熱することで現象してしまうということは、普段の食事で生野菜やフルーツなどの摂取量が少ないかもしれません。

体質によっては、生の野菜やフルーツが苦手という方もいるかもしれませんので、その場合には体を冷やさないものを選ぶといいと思います。

 

比較的体を冷やさない生食OKの野菜・フルーツ

  • 自然薯(じねんじょ)
  • にんじん
  • 大根
  • りんご
  • さくらんぼ
  • いちご
 

野菜は土の中で育成するもの、果物は北方で育つもので粒が小さいものですね。

さすがに自然薯は地元のスーパーでは手に入りにくいですが、今はネット通販で気軽に自然薯農家の方からの購入も可能ですので、探してみるのもいいかもしれませんよね♪

そして、腸内環境を改善した上でパントテン酸のサプリメントを使うことで、ニキビ予防の効果を高めることができると思います(*^^*)

パントテン酸だけがニキビ予防の最後の切り札ではなく、他にも手段があることがわかると、少しほっとできたのではないでしょうか。

 

まとめ

  • ニキビ予防にパントテン酸がいい理由は、ビタミンB群のひとつとして細胞が正常に動くのをサポートしているから
  • パントテン酸サプリがニキビ予防に効果が出にくい方は、便秘改善や腸内環境の正常化を先に行うことでパントテン酸の吸収率を高める必要がある
  • パントテン酸は様々な非加熱の食材に多く含まれているので、野菜や果物を生で摂取するような食生活の改善も行うと良い
 

よしこ先生から一言

よしこ先生
実は私自身もニキビがひどかった頃、生野菜を食べるのが苦手で、サラダなどほとんど食べられませんでした。

でも、生野菜を食べた方が体に良いと思って、ホットヨガやウォーキングで体を温めつつ体の筋肉を増やして生野菜を食べる習慣を身に付けた結果、ニキビも改善しました。

もちろん、それ以外の要因もあったとは思うのですが、野菜やフルーツの持つ栄養素はパントテン酸サプリと同様に効果を発揮すると思います♪♪

SponsordLink

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント
    error: Content is protected !!